女性

頭痛に有効な一手|薬に頼らない改善策はたくさんある

頭が痛くてお悩みの人へ

看護師

症状によって違う対処方法

頭痛が時々するけれど、特に病院に行くというほどでもありません。何とか自分で治したいのですが、どのような方法をとればいいのでしょうか。まずこの場合の頭痛ですが、他に主だった症状のない場合は偏頭痛、あるいは緊張型頭痛であると考えられます、その場合は、それぞれ次のような対処方法をとるのがお勧めです。前者は主に頭の片側に、ずきずきした痛みが出るのが特徴です。痛みは週に1度程度の割合で出ることが多く、血管の拡張が原因ですので、まず患部を冷やすようにしましょう。そしてできれば暗くて静かな所で、横になっているのがお勧めです。動き回ったり、患部を温めたりするのは避けるようにしてください。また適量であれば、血管を縮小させるカフェインを含んだ、お茶やコーヒーなどを摂るのもいいでしょう。そして後者ですが、こちらは締め付けられるような痛みが特徴です。特に同じ姿勢を長時間取っている、あるいは首筋や肩の凝りがひどい人がなりやすい頭痛です。この場合は血管が縮小しているのが原因なので、患部を温め、できるだけ動き回るようにして血行をよくするようにします。温かいお風呂に入ったり、マッサージをしたりするのもいいでしょう。また軽いストレッチも効果があります。

もし他に症状がある時は

しかし、それだけでは頭痛が治まらないとか、あるいは他に吐き気やめまいといった症状が見られる場合、しかも徐々に痛みがひどくなって来ているような時には、脳や循環器の病気の可能性がありますので、できるだけ早く病院に行くようにしましょう。特に、後頭部から背中にかけて激しい痛みのある場合は要注意です。この場合の診療科は内科、または脳神経科がお勧めです。しかし、素人がどの病気であるか判断するのは難しいこともありますので、そのような時は頭痛外来を受診するようにしましょう。頭痛外来には専門医がいて、問診、あるいは問診と検査の結果、どのような病気であって、どういう治療をすればいいかを教えてもらえます。それから頭痛がしたりめまいがしたりするけれど、同時に胃腸障害もあるとか、体全体に倦怠感を覚える場合は、自律神経失調症であることも考えられます。自律神経失調症はストレスなどが原因で、自律神経のバランスが崩れるために起こる病気で、頭痛をはじめ様々な症状があります。この時もまず病院に行くようにしましょう。診療科は心療内科がお勧めです。しかしそれでも治らない時は、別の病気のこともありますので、総合病院などで検査をしてもらうようにしてください。

辛い痛みを緩和させる

頭を押さえる男性

頭痛は多くの人が抱える症状ですが、人によって痛みの原因やタイプが異なります。最近は頭痛外来のある病院に通う人が多くなっています。原因と対策を知り、どういう対応をするのが正しいか知っておくことが大切です。

More Detail

心療内科・精神科選び

笑顔の女性

頭痛の原因の多くはストレスにあると言われています。とくに偏頭痛を慢性的に発症する場合、鬱などの精神疾患のリスクファクターとなることもあり、専門性の高い病院で医師の診察を受けることが良いです。検査の結果異常なしと言われても頭痛が慢性的に発症する場合、心療内科や精神科を受診しましょう。

More Detail

どこを受診すべきか

看護師

頭痛にはいろいろな病気が考えられます。心の病からきていることもあるので、精神科や心療内科を受診してみるといいかもしれません。激しい頭痛の場合は重篤な病気も考えられるため、総合病院で検査を受けてみることをお勧めします。

More Detail

なかなか消えない頭の痛み

頭を押さえる男性

特に異常がないのに片頭痛が治らない場合は、ストレスが原因になっている可能性があります。片頭痛はうつ病と相関関係にあることが知られており、精神科や心療内科の病院では、頭痛を原因から取り除く治療を行ないます。

More Detail