レディー

頭痛に有効な一手|薬に頼らない改善策はたくさんある

辛い痛みを緩和させる

頭を押さえる男性

タイプ別の対処法

日本人で頭痛の症状が定期的に出る人の割合は高いと言われています。単なる頭痛と考えていると、体調が悪化して慢性化することもあります。また、人によって痛みの原因がそれぞれ異なってきます。対処法を間違ってしまうと、痛みが和らぐどころか、逆効果になることもありますので、注意が必要です。頭痛には主に、片頭痛と緊張型頭痛のタイプがあります。この2つは対称的であり、痛みが出た時の対処法が真逆になります。片頭痛の場合は、血管が拡張してズキズキと痛みを感じるのが特徴です。血流が活発になることで痛みが増します。人によっては、寝込んでしまうほどひどい痛みを伴うこともあります。また、痛みが来る予感を感じることも多く、定期的に痛みを経験する人が一定数います。対処法としては、出来るだけ安静にして、痛みが落ち着くのを待つことが大切です。たくさん動いたり、熱いお風呂に長時間入ったりすると、血流がさらに活発になります。そのため、痛みがひどくなります。余計な動きをせず、お風呂もシャワー程度にして過ごすのが良いです。市販の薬を服用して、一時的に痛みを緩和させるのも1つの方法です。ただし、服用回数が頻繁になると注意が必要になってきます。

専門機関で調べてもらう

一方で、緊張型頭痛は、筋肉が緊張することによって起こる痛みです。体が疲れていたり、精神面でストレスを抱えている人に起こりやすいです。肩や首などの筋肉が緊張することによって凝っていたりすると、痛みを引き起こすことがあります。この場合は、片頭痛と違って、筋肉をほぐすために体を動かしたり、お風呂でリラックスすることが大切です。緊張した筋肉は意識的に伸ばさないと、ほぐすことができないのが特徴です。そのため、安静にするよりもストレッチをしたり、長風呂に入るなどで痛みを和らげることができます。また、精神的なストレスによっても引き起こすことがあります。この原因が大きい場合は、ストレスを軽減することで緩和することができます。最近では、頭痛外来という専門の外来を設ける病院が増えてきています。このような特別外来を設けている病院には、患者が殺到しているほど人気です。そのため、頭痛で悩んでいる人がとても多いということが分かります。特別外来がある病院では、心療内科や精神科を併設している病院が多く、頭痛と精神病に深い関わりがあることが分かります。診察では、自分がどのタイプの頭痛に当てはまるかを知ることができます。また、適切な対処法と薬の処方がされるので、これまでより快適に暮らすことができます。