レディー

頭痛に有効な一手|薬に頼らない改善策はたくさんある

どこを受診すべきか

看護師

侮らないことが大切

頭痛は慢性的なものがあるため、軽く考えている人も少なくありません。いつものことかと思い、そのまま放置している人も居ます。しかし、場合によっては重篤な頭痛のこともあるので、侮ってはいけません。特に、いつもとは違った痛みを感じた場合には、早急に病院を受診することをお勧めします。まず、どこの科を受診すべきか悩んでしまうものです。通常、頭痛外来と設けられていれば、そちらを受診することになります。ただし、頭痛外来というように専門的に設けている病院は少なく、特に、地方では見かけられません。ない場合には、総合病院を受診することをお勧めします。我慢できないほどの痛みであれば、救急外来を設けている病院がお勧めです。ひどい時には救急車で運んでもらうこともできるからです。と言うのも、頭痛が重篤な病気の前兆となっていることがあるため、いくつかの病気は念頭に置いておきましょう。頭痛の代表的なものとしては、くも膜下出血です。尋常ではない痛みを感じることが、この病気の特徴となっています。後頭部の鈍痛が激しく、我慢できないくらい場合には救急車を呼ぶことをお勧めします。その他、あまりにも長引くという頭痛も、じわじわと脳の病気が進んでいることもあります。いろいろな科が揃っている総合病院なら、いろいろと調べられるため安心です。

痛みにはいろいろある

頭痛と一口に言っても、いろいろな痛みがあります。鈍痛もあれば、こめかみにズキズキとした脈打つような痛みを感じることもあります。頭痛は脳に異常があることで起こると思われがちですが、必ずしもそうとは言い切れません。例えば、精神的な病からきていることもあります。心の病気から体の様々なところに痛みを感じるようになることがあります。この場合、受診すべき病院は、当然、精神科や心療内科です。まずは心の病気を治療することが重要となってきます。心の病気からきている場合、心の病気が治れば、頭痛などの体の痛みも治ってくることになります。一方、心の病気ではないということが分かっているのであれば、総合病院でしっかりと検査を受けましょう。頭痛は、体のどんな病気からきているか分からないことが多いからです。現代人はストレスを抱える人も多く、ストレスによって頭痛を引き起こしてしまうこともあります。検査で異常が出なくても、安静に過ごしていれば、いつの間にか治っていたということもあります。まずは、原因をじっくり調べることが大切です。仕事が忙しい人ほど、心の病気からきていることが考えられるため、最初から精神科や心療内科を受診してみるのもいいかもしれません。