レディー

頭痛に有効な一手|薬に頼らない改善策はたくさんある

心療内科・精神科選び

笑顔の女性

頭痛の原因の多くはストレス性であると考えられており、ストレスを感じると前兆なく発作的に発症し、ズキンズキンと痛みを伴い嘔吐など症状をもたらします。このような頭痛を偏頭痛と言い、病院で検査を受けても問題なしと言われるケースもあります。頭痛の原因が、脳の血管に障害がある場合や腫瘍によるものであれば、病院ではCTやMRIなどの検査機器で発見可能でしょうが、偏頭痛でストレスからくる痛みであれば、原因を究明しにくいという点が問題としてあります。患者が痛みを訴えるにもかかわらず、「問題なし」と診断されるケースも決して少なくないのです。その場合、病院の診療科を変えてみた方がいいかもしれません。心因的な頭痛に対して内科で治療を受けても、思うような治療に結びつかないことは多いです。内科は物理的な要因による体調不良を治療する診療科なため、心の病に関しては専門外な場合が多いです。そのため、自律神経の乱れやストレスによる頭痛を治療するのは難しいと言えるでしょう。一方心の病を専門的に取り扱う精神科や心療内科なら、心因的な頭痛に対して効果的な治療を行うことが可能です。抗鬱剤を使用した服薬によるケアから、カウンセリングやワークショップによる薬を使用しない治療まで行ってくれるでしょう。

偏頭痛の原因を考えるとストレスや精神的なバランスの不具合などがあり、これを治療するにはとても大きな問題があります。ストレスが頭痛を促し、精神的バランスまでに影響を及ぼす場合、さらにパニック症状や鬱病までに発展するケースは稀ではありません。人によっては、味覚障害、知覚障害、視覚障害が現れることもあります。問題となるのは、ストレスのきっかけとなった出来事であり、仕事や人間関係、お金の悩み、セクハラやパワハラ、家族やペットの死などきっかけは人それぞれとなります。すでに症状が出ているケースでは、まずは治療をする必要があります。鬱の症状が出ている場合、抗うつ剤や精神安定剤、睡眠障害が出ている場合、睡眠薬などの処方を受け、自律神経の修復を図り、状態を落ち着かせます。心療内科や精神科では、症状の緩和を優先させ、その症状が出たきっかけとなる問題を探る必要があり、患者と時間をかけたカウンセリングが必要となります。ここで重要となるのが、患者の不安とストレスを取り除き、正常に社会復帰させる必要があるということです。患者の多くはまじめな人や心が繊細な人が多いです。一人一人の性格を捉え、ストレスを解消するカウンセリングを進め、社会生活の中でのストレスを自身で解消できる抵抗力をつけてあげる必要が医師に求められます。このことから、治療実績の高い病院で専門医の診察を受けることが治療に必要と言えます。